筋肉⑫「速筋(白筋)・遅筋(赤筋)とは?」

<速筋>

 

●収縮速度が速く、疲労しやすく、重いものを持ち上げたり、短距離のような瞬発的な運動に関与

 

●身体の表面に多い(アウターマッスル)

 

●無酸素運動で鍛えられます

 

<遅筋>

 

●収縮速度が遅く、疲労しにくく、呼吸、姿勢保持のような持続的な筋収縮に関与

 

●身体の深部に多い(インナーマッスル)脊柱起立筋、呼吸筋

 

●毛細血管が多く酸素が豊富でエネルギー消費が高いため、遅筋を鍛えることが基礎代謝アップにつながる(=ダイエットにも効果的)

 

●有酸素運動で鍛えられます

 

人の筋では、一つの筋の中にこの2種類の筋線維が混在し、その混合の割合は筋によって異なります。

 

身体の全体的な割合は遅筋7:3速筋といわれています。

 

肩こりや腰痛などには遅筋を鍛えることが大切です。

 

ゆっくりと動かす筋トレやウオーキング、ジョギングなどで遅筋を鍛えましょう。

 

筋肉⑬はこちら→「筋肉痛を早く治すには?筋肉痛に効く食べ物は?」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com