二日酔いを治すには?

二日酔いを治すには、体を休め何よりも寝ることと水分補給が効果的です。

 

<頭痛>

アルコールの血管拡張作用により起こるため、血管を収縮させる

・血管収縮作用のあるカフェイン(コーヒー)、セロトニン(牛乳)を摂る

 

<利尿作用による脱水>

・排尿で失われたナトリウム・カリウムの補給(スポーツドリンク、魚介類の味噌汁、お茶

 

<低血糖による頭痛・だるさ>

肝臓がアルコールを分解している間は、その他の働きである糖の生産を休ませてしまい低血糖に陥り、脳にいく糖分が不足するため頭痛やだるさの原因となります。

・素早く吸収できる糖分(果糖)を摂る

フレッシュジュース(オレンジ・バナナ・マンゴー)、スポーツドリンク、炭水化物(米、パン、コーンフレーク

 

<メタノール(ワイン、ウイスキー、テキーラ、ブランデー)が原因の頭痛・だるさ・吐き気>

メタノール(お酒の原料となる果物に含まれている)は分解に時間がかかるため、重度の二日酔いを起こします

・フレッシュジュースは微量のメタノールが含まれているため避け、水やスポーツドリンクを飲む

 

<胃酸過多が原因の吐き気・下痢>

アルコールは胃酸の分泌を促進し胃酸過多の状態を引き起こします

・荒れた胃の環境をえるしょうが、ココア、ヨーグルト(冷たいものや熱いもの・刺激物は避ける)

鍼灸、マッサージは全身の血行を促進し、内臓の機能を高め代謝を上げる効果があります。二日酔いのツボもありますのでご相談ください。

 

二日酔いの予防はこちら→「二日酔いの予防」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com