二日酔いの予防

<二日酔いの予防>

●空腹で飲まない(アルコールの吸収が早まる)

●一気に飲まない(血中アルコール濃度が高まりアルコール分解が追いつかない)

●水分を摂る(ビール1Lで1Lの利尿作用がある、アルコール度数が高いほど尿量が増える)

・飲酒中のチェイサー(ミネラルウォーター)

・水割りや緑茶割りにする

・飲酒後、寝る前に500mlのを飲む

●脂肪を摂る

脂肪は胃の中ではほとんど消化吸収されず、十二指腸ではじめて消化され始めるため吸収に長い時間を要し、急激な酔いを防止します。

バター、オリーブオイル、ドレッシング、くるみ、アーモンド、ナッツ類、チーズ

●アルコールの吸収を阻害するカテキン

緑茶を飲む

●アルコールの分解を促す食べ物を摂る

・クルクミン(ウコン、マスタード、カレー

・タウリン(タコ、イカ、貝類

・アラニン、グルタミン(しじみ、あさり、ハマグリ

●二日酔いしにくいお酒を飲む

・蒸留酒を選ぶ(アルコール分を高め不純物を取り除いた酒)

・お酒の色が薄い方が不純物が少ない蒸留酒であることが多い

・醸造酒やメタノール入りは分解に時間を要すため身体に長い時間留まる

○蒸留酒:焼酎、泡盛、ジン、ウオッカ、ラム

△蒸留酒(メタノール含有):ウイスキー、テキーラ、バーボン、ブランデー

×醸造酒:ビール、日本酒、ワイン(白ワインより赤ワインの方が不純物が多いため二日酔いになりやすい)

 

二日酔いの対処法はこちら→「二日酔いを治すには」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com