ホルモン②「脂肪細胞がつくるホルモン<レプチン・アディポネクチン>」

脂肪細胞の役割はエネルギーの貯蔵などとされてきたが、最近はホルモンを作る内分泌臓器としても知られています。

 

<レプチン>

脳に満腹の状態を信号で送り食欲を抑える。

ただし脂肪細胞が大きくなると、その効果が低下するのでますます過食になる。

睡眠不足が続くとレプチンの分泌が減り過食傾向になる。

※よく噛むことでヒスタミンの分泌とともに、食欲抑制・体脂肪を減らす・体温を上げ代謝を高める効果があります。

 

アディポネクチン>

動脈硬化を予防する善玉ホルモンだが、脂肪細胞が大きくなると分泌量が減ってしまう。

※脂肪細胞は、本来は病気を防ぐはずですが太ると糖尿病高血圧をまねきます。

 

「脂肪細胞」はこちら→「脂肪細胞」

「褐色脂肪細胞」はこちら→「ダイエットと褐色脂肪」

「肥満と食事」はこちら→「女性ホルモンと肥満と食事」

ホルモン③はこちら→「女性ホルモンの働き」

ストレスと肥満はこちら→「ストレスと肥満」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

ホルモン②「脂肪細胞がつくるホルモン<レプチン・アディポネクチン>」」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: ホルモン①「ホルモンとは?」 | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

  2. ピンバック: ストレスと肥満 | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

コメントは受け付けていません。