毛細血管と新陳代謝

動脈はだんだん細くなり

最後には毛細血管になって

栄養や酸素などの物質交換をおこないます(毛細血管は薄いシートでできていて周りの組織液とやりとりします)つまり毛細血管は新陳代謝の最前線といえます

1秒間に50cmの速さで流れていた血液も毛細血管では毎秒1mmとゆっくりとした速さになります

毛細血管がきちんと働かないとさまざまな障害が起こります。

●毛細血管の壁の透過性が高くなったり、血液の中のたんぱく質が少なくなると「むくみ」がおこります

●毛細血管の血行障害の典型が「冷え症」「肩こり」です

※女性は子宮や卵巣などの複雑な臓器を抱えているためホルモンバランスや自律神経のバランスを壊しやすいこと、筋肉が少ないため筋肉によるポンプ作用が少なく熱を保ちにくい、脂肪が多いことなどによって毛細血管の血行障害が起こりやすい

ドロドロ血液(高脂血症)でも同様に血行障害が起こります

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com