手の痛み・しびれ「手根管症候群」

手根管(手首の部分)の中を通っている神経(正中神経)が圧迫されて

手や指の痛み・しびれ・感覚異常・筋萎縮などを起こすものを「手根管症候群」といいます

 

<原因>

●手首の骨折・脱臼などの外傷

●リウマチ

●変形性関節症

●ガングリオンなどの腫瘤

●手の使い過ぎ

●手根管内部の腱や腱鞘の炎症による腫瘤や肥厚

●ホルモン異常(妊娠中、閉経前後、甲状腺機能低下

 

<症状>

●親指・人差し指・中指・薬指の中指側の痛み(灼熱痛)、しびれ感、感覚異常

●安静時痛、夜間痛、朝起きた時の痛み

●手を強く振ったり、指の曲げ伸ばしを繰り返すと軽減する場合が多い

●母指球筋(親指のつけ根)の運動神経障害により、

親指に力が入らない(脱力)・曲げにくい・筋肉が落ちる(筋萎縮)が次第に増強する

●自律神経障害により冷えと重だるい疼痛を訴えることもある

img160

 

<鍼灸治療>

原因が骨の異常やガングリオンなどの増殖物による場合は不可だが、

軟部組織の炎症や腫脹によるものには有効

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com