内科疾患と関節の異常

人の関節は全部で256ヶ所あります。

関節痛には大別すると直接的な骨格筋肉系の運動器疾患

間接的な内科疾患の症状があります。

 

<内科疾患からくるもの>

インフルエンザ全身の関節が痛む

B型肝炎関節炎・風疹ウイルス関節炎対称性で手指・膝・足関節に好発

副鼻腔炎・中耳炎・皮膚化膿などの細菌性の炎症:周囲で関節痛が起こる

痛風:足親指のつけ根、膝など

免疫疾患の膠原病(リウマチ、エリテマトーデス):多発性で左右対称におこり、朝のこわばり・運動痛・骨の変形が特徴

肺がん:親指や人差し指の末端が球状に膨らむばち指・関節炎・骨増殖性変化(三徴候)

潰瘍性大腸炎・クローン病:末梢性関節炎、仙腸関節炎

このように内科疾患による関節の異常にはいろいろありますので注意が必要です。

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

内科疾患と関節の異常」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 内臓と関連痛 | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

  2. ピンバック: 指の第一関節の変形「へバーデン結節」 | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

コメントは受け付けていません。