腰痛、歩くと痛い<腰部脊柱管狭窄症>

脊柱管狭窄症は、もともと脊柱管(脊髄が通るトンネル)が狭い人がなりやすい傾向はありますが、狭いからといって症状が起こるわけでもありません。

もともとの素因+加齢による腰部の疾患が合併

トンネルが狭くなって発症

 

img_20190705_0009.jpg

 

<加齢による疾患>

●変形性腰椎症

すべり症

分離症

●骨棘

●側弯症

↓↓↓

腰部脊柱管が狭窄されて、馬尾神経、神経根を圧迫

脊髄神経の皮膚分節はこちら→「デルマトーム」

 

馬尾型

・両足・足の裏・お尻のしびれ・だるさ・脱力感

(足や足裏の感覚麻痺によりめまいを起こすこともある)

・お尻・脚・会陰部の知覚異常(冷感・灼熱感)

・膀胱直腸障害、性機能障害

・痛みは少ない

 

神経根型

・片側のお尻・脚の痛み

 

混合型

・馬尾型+神経根型=歩行時に両脚がしびれてきて、歩き続けていると片脚だけ非常に痛くなる

↓↓↓

坐骨神経痛(腰・お尻・足の痛み、しびれ)、歩行障害

 

 

<症状>

間欠性跛行:少し歩いただけで痛み・しびれ・脱力感が起こり、休んで身体を前かがみにすると楽になるのが特徴

※もう一つ間欠性跛行を特徴とする疾患に末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症)があります。

下大動脈、総腸骨動脈、大腿動脈の狭窄や閉塞によっておこります。

動脈性の場合、痛みが主体で、足部の脈の触知が欠如あるいは減弱し足が冷たくなります。

また、脊柱管狭窄症では、自転車に長い時間乗れますが、閉塞性動脈硬化症では乗れません。

 

<対処法>

●普段の生活では、あごを引き腹筋を緊張させる

●イスに深く腰掛ける

●腰まわりの筋肉のストレッチ

●鍼灸はりきゅう、マッサージ

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com