「顔が痛い」三叉神経痛

三叉神経は顔面、歯や舌の一部の感覚を伝えていて、顔や前頭部の痛みのほとんどは三叉神経痛のことが多いです。

ビリッと電気が走るような痛みが数秒~数十秒起こりますが、この痛みはあらゆる疼痛の中でも激烈なものです

●5~10分も続くような痛みやジワジワ痛むものは三叉神経痛ではありません

●季節によって痛みが変動するのが特徴で、寒い季節にひどくなる場合が多いです

洗顔歯磨きはおろか会話食事さえもできなくなる場合もあります

●触れることで痛みが誘発される「トリガーポイント」が鼻の横にあるので、ひどい場合は風が顔にあたっただけで痛みます

咀嚼冷たい水を飲むことで痛みが誘発されることもあり歯の痛みと勘違いしてしまうケースもあります

↓↓↓

三叉神経痛と区別しなくてはいけない病気に、帯状疱疹後三叉神経痛があります。

帯状疱疹のウイルスは神経に潜み、神経に沿って出現するので、顔では三叉神経の分布に一致して皮疹が出ます。過去に顔に帯状疱疹が起こったことがあると後になって三叉神経痛と同じような激しい痛みが出ることがあります。

また顎関節症舌咽神経痛も三叉神経痛とよく間違われます。

群発性頭痛は目の周囲や目の奥が痛みますが、三叉神経痛とより長く痛むので区別することができます。

※三叉神経痛は鍼灸の適応疾患ですのでご相談ください

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

 

しびれの原因

しびれは感覚障害で、しびれのパターンや部位によってある程度原因を予測できます。

 

<しびれの原因>

●脳の病変

●脊髄の病変

●末梢神経の障害

 

<しびれの部位>

●左右どちらかの半身に起こるしびれ⇒脳卒中など脳の病気の疑い

●半身全体でなくても左右どちらかの手だけとか唇周辺⇒小さな脳梗塞脳出血のこともあります

●脊髄の病変:椎間板ヘルニア脊髄症

●末梢神経の障害では変形性脊椎症のほか、糖尿病など全身性の代謝異常、、薬物中毒、動脈硬化などによる血流障害によって神経が圧迫されてもしびれが起こります。両足の手足の先が手袋や靴下をしているような感覚障害が起こります。

典型的な血流障害の疾患には、手を良く使う人の親指~中指にかけてしびれや痛みが起こる手根幹症候群があります。

また、お尻の下部にある梨状筋という筋肉の過緊張により、お尻下部・大腿後面・ふくらはぎ・足部などのしびれや痛みを起こす梨状筋症候群は、腰椎椎間板ヘルニアとの鑑別診断が必要とされます。この場合は座った姿勢や長く腰を折り曲げていることなどにより硬くなった筋肉(梨状筋)が血管・神経を圧迫し、痛み・しびれを引き起こします。

※※しびれが長く続いている場合は精密検査を受けることをおすすめします

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

「肥満ホルモン」=インスリン

血糖値が急上昇したり高い状態が続くと

インスリン(膵臓から出るホルモン)は過剰に分泌され脂肪をため込むように働いてしまう

 

<血糖値の急上昇を抑える食事>

低GI値の食事(GI(グリセミック・インデックス:)=血糖上昇率)⇒糖質の消化・吸収が緩やか

●玄米

●そば

●全粒粉

●春雨

●野菜

●きのこ類

●海藻

※高GI食品:白米、食パン、うどん、もちなど精製されたもの(白っぽいもの)、いも類、とうもろこし

☆野菜から食べましょう、お腹は八分目に!

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com