逆流性食道炎とは?

胃酸や十二指腸液が逆流して食道の粘膜を刺激し炎症を起こします。

 

<症状>

●胸やけ

●呑酸

●げっぷ

●腹部膨満感

 

<原因>

●加齢による食道の筋肉(括約筋圧)の低下、食道の運動機能の障害

本来は逆流しない胃酸が逆流し

食道が胃酸にさらされ食道炎となります。

さらに括約筋圧が下がり食道炎が悪化するするという悪循環を招いてしまいます。

●食道裂孔ヘルニア

●大食

●食生活の欧米化による脂肪の摂取増(脂肪の摂取は胃酸過多を招く)

●肥満、便秘、妊娠などによる腹圧の上昇

 

<対処法>

●食道括約筋を弛緩させないよう大食を避ける

●脂肪の摂取量を減らす

●腹圧を上げるような服装や姿勢を避ける

●就寝時には上体をやや高くする

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

 

 

 

 

 

 

 

逆流性食道炎とは?」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: のどの奥がつまる | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

  2. ピンバック: 腰痛「腰椎の後弯」 | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

  3. ピンバック: 咳 | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

コメントは受け付けていません。