消化器と老化

加齢とともに、食道、胃、小腸、大腸のほとんどの消化管の筋層、粘膜で萎縮が起こります。

小腸の筋層間の神経叢

高齢者では密度が低下し30%ものニューロンが減少し

粘膜免疫の力が低下する

栄養の吸収

老化によって消化機能と脂肪吸収が低下する

大腸

滞留時間が長くなり、運動不足もあいまって便秘になりやすくなる

腸内細菌のバランスが崩れたんぱく質の吸収力が低下することもあります

☆栄養バランスのよい食事、適度な運動を心がけましょう。

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com