免疫力を低下させる原因は?

<過度のストレス>

●肉体的なストレス

過度な労働、過度な運動

免疫システムを担うリンパ球が減少してしまう

●精神的なストレス

会社環境、家庭環境など

脳から出るホルモン(副腎皮質刺激ホルモン)の作用によりリンパ球を死滅させたり、免疫シ  ステムの司令塔(ヘルパーT細胞)の機能を強く抑制する

またストレスにより自律神経系の交感神経が興奮するとリンパ組織の機能が低下し免疫力が弱まります。

 

<加齢>

●免疫細胞が退縮する

●脱水(加齢とともに体内水分量が低下する)

●定年退職、熟年離婚、家族との死別など大きなストレスに見舞われることが多くなり、精神的なストレスによって免疫力が大きな打撃を受けることになります

 

<安易な薬の使用>

風邪のひき始めに咳や痰が出るのは、侵入してきた病原体を排除しようとする生体防御反応です。現代の医学では咳止め薬、解熱剤というように症状を抑えるための対症療法を施します。

病原体を排除しようとしているときに薬でそれを止めたり、血管を広げて熱を放出しようとしているときに熱を下げてしまっては、一所懸命に頑張っている免疫の働きを抑えてしまうことになるため免疫力が弱っていきます。

 

<睡眠不足>

質の良い睡眠が免疫力を高める

 

<糖尿病、がん、白血病>

 

<放射線治療、ステロイド剤の使用、外科手術>

 

<産後>

なども免疫力を低下させます。

 

免疫力を高めるはこちら→「免疫力を高めるには」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

 

「免疫」のしくみ

人間には細菌やウイルスの侵入を防ぐ免疫(バリア)があります。

 

<皮膚>
皮膚には角質層からなるケラチンがあり、微生物はケラチンを消化できないため通過することができません。
また表皮が分泌するタンパク質は大腸菌を殺します。
さらに皮脂腺や汗には乳酸などの消毒作用のある物質が含まれています。

<呼吸器>
気道の粘膜層は粘膜に覆われており、空気中から侵入してきた微生物は粘液によって捕えられ繊毛運動によって口腔咽頭部へと押し出されます。

<消化器>
水や食物と一緒にやってくる微生物に対しては、
●唾液にはウイルス感染を防ぐムコ多糖が含まれている
●胃液は強力な酸でほとんどの微生物を殺傷する
●腸内では常在している腸内細菌が侵入を阻止する

<目>
涙は目の表面を感染から守り細菌を洗い流す作用があります。

このような異物を攻撃し防御してくれる生まれながらに持った免疫を「自己免疫力」「自然治癒力」といいます。

 

免疫力を高める適度な運動はこちら→「免疫力を高める適度な運動」

 

晴鍼灸院/整体院治療コース」←クリックしてください

ホームページ  https://harushinkyu.com