更年期障害の出現順序

更年期障害の現れ方には一定の順序があります。

 

<40代前半>

 

月経不順

 

<40代半ば>

 

血管の収縮と拡張に関わる自律神経症状

 

(冷え、のぼせ、ほてり、異常発汗、動悸、めまいなど)が

 

1~数年続いて、本人も更年期に入ったのかなと自覚し始めます

 

<40代後半~50代>

 

精神・神経症状

 

(不眠、不安、イライラ、憂鬱、すぐ怒るなど)

 

※肩こりや腰痛は40~50代にかけての老化現象でも起こりますが、更年期の冷えからくる血液循環不良によるものもあります。

 

<50代~50代半ば>

 

皮膚のしびれ感、かゆみ

 

(神経の異常ではなくて、今まで皮脂の分泌やコラーゲンの産生を促していたエストロゲンが減少して、

 

皮膚が乾燥して角質が薄くなりバリア機能が落ちるために皮膚が過敏になる)

 

※更年期障害は鍼灸治療適応疾患ですのでご相談下さい

 

晴鍼灸院/整体院

「施術コース」はこちら晴鍼灸院/整体院「施術コース」