神経伝達物質とは?

中枢神経細胞や末梢神経細胞などの神経終末には、高密度の神経伝達物質が蓄えられています。

 

神経細胞からの刺激

 

 

神経伝達物質が相手細胞の細胞膜に結びついて活性化される

 

 

心身の反応が起こる

 

※この経路を遮断することで様々な疾患の予防となります

 

<ドーパミン>

 

●快感覚

 

●多幸感

 

●運動調節

 

過剰:精神病症状

 

不足:パーキンソン症状

 

<ノルアドレナリン>

 

●怒り、闘争か回避の行動を起こす

 

過剰:躁状態

 

不足:うつ症状

 

<セロトニン>

 

●感情の安定

 

●他の神経系の統制

 

●発熱、発汗

 

●錯乱

 

不足:うつ病、てんかん発作

鉄分不足とうつ病はこちら→「鉄分不足とうつ病」

 

晴鍼灸院/整体院

「施術コース」はこちら晴鍼灸院/整体院「施術コース」