筋肉⑦「筋肉の萎縮」

筋肉は運動不足になればたちまち萎縮が始まってしまいます。

逆に強度の負荷をかけると筋は肥大して筋力も増大します。

使う使わないという理由だけでなく、加齢や疾病によっても萎縮は起こります。

高齢者の場合は萎縮だけでなく筋線維そのものの減少もありますし、

特にももの前の筋肉(大腿四頭筋)、腕の外側の筋肉(上腕三頭筋)は萎縮が著しくなります。

また、姿勢を維持したり運動する時に使う抗重力筋(脊柱起立筋、僧帽筋、腹筋群、大殿筋、ヒラメ筋)が萎縮します。

筋肉は環境適応に非常に優れていますので、抗重力筋の筋トレをしっかりやることで、筋肥大が起きて減少がカバーできます。

高齢者でも簡単なトレーニングをおこなうことをおすすめします。

 

筋肉⑧はこちら→「筋肉老化とホルモン」

 

晴鍼灸院/整体院

「施術コース」はこちら晴鍼灸院/整体院「施術コース」