低温やけど

ホットカーペット、カイロ、ストーブ、湯たんぽなどの暖房器具による低温火傷に注意しましょう。

 

低温火傷は個体差はありますが、接触部の温度が44℃で6時間くらいでおこります。

 

通常の火傷は70℃で1秒以上接触すると皮膚の破壊が始まります。

 

以下のことに気をつけましょう

 

 

●就寝時は接触面が固定しがちなので要注意です

 

●睡眠薬の服用、泥酔状態、また糖尿病などの循環障害がある場合

 

●足のスネの外側(血行も悪く知覚も鈍い)

 

↓↓↓

 

温度は低いとはいえ熱源に長時間接触しているので、

 

表面的には発赤や水泡だけでも、皮下組織だけでなく筋肉、腱まで損傷している場合があります。

 

晴鍼灸院/整体院

「施術コース」はこちら晴鍼灸院/整体院「施術コース」