腹式呼吸で血圧を下げる

腹式呼吸には血圧を下げる効果があります。

 

不安や緊張があると交感神経が興奮

 

 

血圧が上昇、胸式呼吸となる

 

 

この時に、深くゆっくりとした腹式呼吸をすると

 

 

必要な酸素をうまく取り込み、呼吸中枢、循環中枢に情報が伝わる

 

また脳(視床下部)にも影響して自律神経(交感神経、副交感神経)にも作用し

 

 

血圧の低下や血流の改善に効果がある

 

腹式呼吸は生活習慣病やストレスで高血圧になった人に効果があるのです。

 

<腹式呼吸>

 

お腹をゆっくりと膨らませながら十分に息を吸い、

 

ゆっくりお腹をへこませながら息を吐き出す

 

1回5分、1日2回を続けることで身体の緊張と弛緩のリズムをつくり血圧をコントロールすることができるのです。

 

※電車に中や歩きながらでもできるのでおこなってみて下さい。

 

晴鍼灸院/整体院

「施術コース」はこちら晴鍼灸院/整体院「施術コース」

腹式呼吸で血圧を下げる」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 腹式呼吸で不定愁訴をなくす=自律神経の調整 | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

コメントは受け付けていません。