ストレッチングの方法

静的ストレッチ:筋肉をゆっくりと伸ばす

 

動的ストレッチ:ラジオ体操のように弾みをつけて身体を動かす

 

PNFストレッチ:筋力をつけるのを目的とする

 

首肩痛や腰痛の回復期におこなう場合、静的ストレッチからおこないます。

 

<正しい方法>

 

ストレッチ(伸展)させる筋肉群に意識を集中させながらリラックスさせること

 

筋肉の軽い緊張が感じられる「楽なストレッチ」を自然な呼吸で10~30秒間保持する

 

(自然な呼吸ができない場合はリラックスしてない証拠なので、やや伸展を戻して下さい)

 

<悪い方法>

 

弾みをつけたり痛くなるまでストレッチ(伸展)させること

 

※痛いのを我慢して無理にストレッチさせると筋線維に顕微鏡レベルの微細な裂傷が生じ、筋肉は徐々に弾力性がなくなり硬くなります。

 

☆毎日のストレッチで、筋肉の柔軟性を増し、可動域を拡げ、スポーツ障害も防げます。また、気分爽快にしてストレスを軽減することが可能です。

 

晴鍼灸院/整体院治療コース」←クリックして下さい