コラーゲンの効用

コラーゲンはタンパク質で、人体を構成するタンパク質のうち約1/3を占めています。

 

タンパク質は細胞や血液の中で水に溶けた形ですが、コラーゲンは線維状になって存在します。

 

皮膚:40%

 

骨・軟骨:30%

 

血管:8%

 

肌のみずみずしさ、関節軟骨はクッションの役目、血管の弾力性などを保つのに関わっています。

 

このコラーゲンも新陳代謝しますが、加齢とともに衰え40歳では20歳の半分に減少するといわれています。

 

 

皮膚のシワ・たるみ、骨粗鬆症、関節痛、動脈硬化

 

<コラーゲンを多く含む食品>

 

●魚皮

 

●牛スジ

 

●ゼラチン、ゼリー

 

●鶏皮

 

●豚足

 

●軟骨

 

※鍼灸にはコラーゲンの合成を高める作用があります

 

晴鍼灸院/整体院治療コース」←クリックしてください