高血圧(最低血圧が高い)

高血圧に合併する心筋梗塞や脳梗塞などの循環器疾患はもっぱら最高血圧(収縮期血圧)を問題とことが多いのですが、

 

最低血圧(拡張期血圧)も90mmHg以上は高血圧です。

 

高血圧というのは、収縮期、拡張期とも上昇することが多いですが、まれに収縮期血圧はさほど高くないのに拡張期の血圧だけが上がる場合があります。

 

収縮期の血圧:血液の心拍出量に関係

 

拡張期の血圧:血管の循環抵抗に関係

 

↓↓↓

 

下の血圧だけ高くなるというのは、大きな動脈まではあまり変化していないものの、小動脈や細動脈の血管抵抗が増加しているということで、

 

末梢血管の抵抗が高まっていて血液の流れが滞っている状態だといえます。

 

<原因>

 

●若い人にも多い

 

●腎性の高血圧(二次性高血圧)

 

●肥満

 

●運動不足

 

●喫煙

 

●大量飲酒

 

※ウオーキング、エアロビクスなどの有酸素運動、食生活の見直し等によって低下させることができやすい高血圧ですので、生活習慣を改善してみて下さい。

 

晴鍼灸院/整体院治療コース」←クリックして下さい

高血圧(最低血圧が高い)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 脈圧(上の血圧と下の血圧の差) | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

コメントは受け付けていません。