内臓脂肪とは?

内臓脂肪は、内臓の周りにつく脂肪(腹腔内の腸管膜周囲にある脂肪組織)で、皮下脂肪と違って静脈が直接肝臓に入っています。

この内臓脂肪が蓄積するとアディポサイトカインを異常に分泌させいろいろな悪さをします。

・動脈硬化、高血圧、糖尿病、心臓病、脳卒中の悪玉因子として働く

インスリン抵抗性を高める

・内臓脂肪が増えると糖尿病や動脈硬化を抑える作用を持つアディポネクチンの分泌を抑えてしまう

※内臓脂肪はアドレナリンやノルアドレナリンの刺激に対して皮下脂肪よりも強く反応するので、脂肪分解の力が強い上に過剰なエネルギーを脂肪に合成するのも早いので、つきやすいかわりに取りやすい脂肪ではあります。

<内臓脂肪が溜まる原因>

●過食(揚げ物、肉、甘いもの)

●野菜不足

●1食でのドカ食い

●夜食

●運動不足

※ウエストをチェックしましょう

男性85㎝、女性95㎝以上の場合は内臓脂肪型肥満(リンゴ型)の可能性がありますので生活習慣を見直しましょう。

 

晴鍼灸院/整体院 「治療コース」←クリックして下さい

内臓脂肪とは?」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 「太り過ぎ」のツボ療法 | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

  2. ピンバック: 自己免疫力⑧「脂肪と免疫力」 | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

コメントは受け付けていません。