胃炎「逆流性食道炎」(胃食道逆流症)

胃酸が逆流して食道の下部粘膜が炎症を起こすものを「胃食道逆流症」といい、最近増えている疾患です。

 

<症状>

 

胸やけ

 

●呑酸

 

※日本人は元々胃酸分泌能が低いので胃食道逆流症は少ないとされていましたが15年ほど前から急増しています。

 

<原因>

 

※高齢者の増加

 

●食道下部の括約筋圧が低下

 

●食道の運動機能が障害される

 

●裂孔ヘルニア

 

●食生活の欧米化により脂肪の摂取が増加(胃酸過多を招く)

 

↓↓↓

 

本来は逆流しない胃酸が逆流するため、食道下部が胃酸にさらされ食道炎となる

 

 

さらに括約筋圧が下がり食道炎が悪化する

 

<対処法>

 

●脂肪の摂取を減らす

 

●食道括約筋を弛緩させないためにも大食しない

 

●腹圧を上げるような服装や姿勢を避ける

 

●就寝時には上体をやや高くする

 

晴鍼灸院/整体院治療コース」←クリックして下さい