肩こり⑨「肩こりと胸郭出口症候群」

胸郭出口症候群」は肩こりの原因の中でも頻度が高い疾患です。

 

頸部前外側の頸肩筋群で囲まれた胸郭出口部(鎖骨周囲)からは腕神経叢、鎖骨下動・静脈が出ているのですが、

 

その出口部分が狭くなる(圧迫、牽引される)と神経症状や血行障害がおこり、

 

腕の痛み・しびれ、だるさ、冷感、脱力感、疲れやすさ、頭痛、不眠、全身倦怠感などを引き起こします。

 

●斜角筋症候群(前・中斜角筋部での圧迫)

 

●小胸筋症候群=過外転症候群(小胸筋部での圧迫)

 

●肋鎖症候群(鎖骨と第一肋骨間での圧迫)

 

<原因>

 

●先天性の骨・軟部組織異常(6人に1人)

 

姿勢の悪さ、骨折、なで肩

 

●10代後半~30代女性に多い

 

<治療>

 

鍼灸、マッサージ、温熱、ストレッチ、筋力強化

 

肩こり⑩はlこちらこちら→「肩こりと神経”僧帽筋”」

 

晴鍼灸院/整体院

「施術コース」はこちら晴鍼灸院/整体院「施術コース」