たんぱく質① タンパク質とは?

タンパク質は細胞膜、筋肉、皮膚、臓器など生体に欠かせないものです。

 

食物として取り込まれたタンパク質

 

 

アミノ酸に分解され肝臓へ → 肝臓や筋肉にアミノ酸プールとして蓄積され新陳代謝をおこなう

 

 

体の組織になったり、肝臓自体のタンパク質を合成したり、酵素・ホルモン・神経伝達物質など特定の化合物の原料になる

 

 

過剰なアミノ酸は尿素、二酸化炭素、水などになって排泄される

 

 

 

※毎日タンパク質の2%が分解され、そのうちの70%程度が再利用されます。

 

したがってタンパク質の摂取量が少なく、アミノ酸プールも枯渇すると1日に約30gは体からタンパク質が減少していくことになります。

 

<成人のタンパク質必要量>:「1g/kg/日」(体重50kgの方で最低50g必要です)

 

タンパク質:肉、魚、大豆、牛乳、チーズ等

 

※ダイエット中でもタンパク質は必要量摂りましょう。

 

たんぱく質②はこちら→「コラーゲン」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ http://harushinkyu.webcrow.jp