血管① 血管年齢

若い血管というのは、弾力性や柔軟性があり内面に傷や汚れがなく血流に勢いがあり、毛細血管でも血液がサラサラよどみなく流れるしなやかな血管のことです。

 

これらの兆候が失われ始めた時が動脈硬化の始まりで、放置すれば心臓疾患や脳血管障害など重い病気につながります。

 

動脈硬化は中高年から始まると考えられがちですが、最近では若年層にも多く、20代でも血管年齢は50代という人がめずらしくありません。

 

一般に人の血管は20歳を過ぎると老化か始まります。

 

実年齢よりも老けた血管年齢となる場合、高血圧や糖尿病など動脈硬化を起こす病気予備軍の可能性が高いです。

 

晴鍼灸院/整体院治療コース」←クリックしてください

血管① 血管年齢」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: リンパとは? | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

コメントは受け付けていません。