股関節の痛みと運動(変形性股関節症、大腿骨頸部骨折)

股関節が痛くなる病気では、変形性股関節症が8割を占め、他に大腿骨頸部骨折大腿骨頭壊死症リウマチ等があります。

 

変形性股関節症は、日本では圧倒的に中高年女性に多く、その原因は女児に多い先天性股関節脱臼臼蓋形成不全からくることによります。

 

症状が軽いうちは、大腿の内側や前面、臀部、膝など股関節から離れた部分が痛み、坐骨神経痛と間違われるケースもあるので注意を要します。

 

症状が進むと、股関節周囲が痛むようになり股関節が変形し安静にしていても痛むようになります。

 

日常生活では、床に座ったり立ったりすることの多い日本式の生活が、股関節をより深く曲げるため、股関節にかかる負担が大きいのです。

 

運動療法は、股関節の周りにある大腿四頭筋(ももの前面)や体のバランスを保つのに重要な中殿筋(お尻の外側)を鍛えて股関節を安定させること、筋肉が収縮して硬くなり股関節を動かせる範囲(可動域)が狭くなるのを防ぐことが大切です。

 

しかし、軟骨がすり減ると痛みが強くて動かせないので、筋力増強訓練は体重をかけないでおこなう水泳や水中ウオーキング、自転車こぎが有効です。

 

晴鍼灸院/整体院治療コース」←クリックしてください