冷え症なのですが食事で気をつけることはどんなことでしょうか?

身体を冷やさないためには冷たいものを摂らないことが一番ですが、東洋医学では身体を温める食べ物(陽性)と冷やす食べ物(陰性)があると考えられています。

 

身体を温める食べ物

 

ほうじ茶・赤ワイン・黒砂糖・こしょう・みそ・チーズ・にんにく・ショウガ・ニラ・玉ねぎ・梅・もち米・イワシ・サバ・ウナギ・牛肉・鶏肉・リンゴ等

 

身体を冷やす食べ物

 

牛乳・緑茶・麦茶・コーヒー・ビール・白砂糖・トマト・キュウリ、なす・もやし・スイカ・ひじき・そば・豆腐・枝豆・梨・バナナ等

 

※栄養バランスを考えて、陰性のものを食べた時には陽性のものを食べるなど偏りのない食生活を心掛けることが大切です。

 

また、真夏の熱い時期には体を冷やすことも必要ですので、旬のものを食べるようにしましょう。

 

晴鍼灸院/整体院治療コース」←クリックしてください

冷え症なのですが食事で気をつけることはどんなことでしょうか?」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 冷え性(冷え症)のツボ(つぼ)療法 | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

  2. ピンバック: 冷え、低体温で悩んでいます | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

コメントは受け付けていません。