美容鍼灸(美容はり)はどのくらい通ったらいいですか?

美容鍼灸はりきゅうは、お肌の張り、リフトアップ、お化粧のりがよい等、施術直後~翌朝に実感される方が多いです。

 

お顔の筋肉=表情筋に働きかけ活性化させますので、週に1回のペースで4~5回、その後2週に1回、3週に1回と

 

徐々に間隔を空けて施術していきます。

 

ご年齢やお肌の状態、生活環境にもよりますが10回くらいを目安にお考えください。

 

晴鍼灸院/整体院治療コース」←クリックしてください

小顔に効果的な施術はありますか?

当院では、美容鍼灸はりきゅうをおこなっています。

 

お顔だけでなく、デコルテライン(首筋~鎖骨・胸)や手足、腹部に鍼灸をすることで、

 

全身の血液・リンパ液の循環を改善していくことにより、

 

即効性、持続性を高めます。

 

晴鍼灸院/整体院治療コース」←クリックしてください

骨盤の辺りが痛いのですが。

腰痛が慢性化してくると、骨盤や股関節で腰をかばうようになる為、痛む箇所が広がってきてしまいます。

 

身体が痛む所をかばう体勢を「疼痛抑制姿勢」といいます。

 

この疼痛抑制姿勢が長く続くと身体も歪んでくるというわけです。

 

痛みがひどくなる前に、痛む範囲が広がる前の予防治療をお勧めします。

 

また、慢性の腰痛は鍼灸はりきゅう保険の適用となりますのでご相談ください。

 

晴鍼灸院/整体院治療コース」←クリックしてください

鍼灸(はりきゅう)は保険が効くのですか?

はい、保険で鍼灸はりきゅう治療が受けられる病気は以下の通りです。

 

 

 

神経痛:顔、胸、腰、足など神経に沿って痛む

 

リウマチ:手、足などの関節が腫れて痛む

 

腰痛症:腰が痛む、重い

 

五十肩:肩の関節の痛みのため腕が上がらない

 

頚腕症候群:首、肩、腕の痛み、しびれ

 

頸椎捻挫後遺症(むち打ち症):外傷による首の痛み

 

など、いずれも慢性の痛みを伴う病気です。

 

※その他の症状についてはご相談ください。

 

保険証、印鑑(シャチハタ不可)をご持参ください。

 

晴鍼灸院/整体院「治療コース」←クリックしてください