変形性膝関節症でO脚になってきてしまったのですが…

変形性膝関節症は、加齢とともに内ももの内側広筋や内転筋群が弱ってくることにより生じる場合が多い疾患です。

鍼灸はりきゅうやマッサージ治療で痛みが減ってきてから、ストレッチ→寝た状態か座った状態でできる筋力トレーニング→軽いウオーキング(始めは15分程度)といった順序で運動することをお勧めします。

また、予防が大事ですので普段運動不足の方は今から始めてみてください。

運動方法などお気軽にご相談ください。

晴鍼灸院/整体院治療コース」←クリックしてください