肩こりがひどいのですが枕も関係ありますか?

枕の高さは、ご自身のこぶし大(6~9㎝)で、材質は頭が沈み込み過ぎないもの(ビーズやパイプ等)が良いといわれています。

 

また快眠を得るには寝室の睡眠環境を整えることも重要です。

 

寝室の保温・保湿・遮光・遮音・防風・防臭・防塵・防虫など五感に刺激を与えないよう工夫し、物理的にも心理的にも安心できる環境をつくるとことが熟睡へとつながります。

 

熟睡することで体を修復するホルモンがしっかりと分泌され睡眠中に疲労を回復してくれます。

 

温度・湿度は夏と冬では異なりますが、布団の中で温度33℃、湿度55%が快適だとされています。

 

温度が5℃高くても低くてもノンレム睡眠が2割も減少してしまいます。

 

起床時にも肩こりが強い方は以上の点を見直してみてください。

 

晴鍼灸院/整体院治療コース」←クリックしてください