鍼灸はりきゅう、マッサージ整体の施術の反応について

自律神経交感神経(興奮、活動神経)副交感神経(鎮静、リラックス神経)の調整効果があらわれ様々な反応が出ます。

 

●眠くなる、だるくなる

 

・普段の活動神経から→リラックス神経に切り替わるため、治療中に寝てしまう方も多いです。

 

・治療の刺激の反射で、だるくなることもあります(心地のよいだるさ)ので、ご自宅に戻られてから30分くらい横になることをお勧めしています。

 

(横になることでリラックス神経が持続し、治療の効果を高めます。)

 

 

 

●筋肉痛(触ると痛い)、つっぱり痛(伸ばすと痛い)

 

 

 

●消化器、泌尿器の反応

 

・トイレにいきたくなる(尿意、便意)

 

・お腹が鳴る

 

・おならが出る

 

 

 

●唾液の分泌

 

・サラサラした唾液が出る

 

 

 

●涙が出る

 

・副交感神経は涙腺も支配しているため、涙が出てくる場合があります。

 

 

 

●鼻づまり

 

・副交感神経がしばらく持続したあと起こる現象のため、治療の後半でみられます。

 

 

 

●皮下出血(内出血、アザ)

 

・筋肉が硬くなってしまっている個所は、血行が悪く血管も脆くなっているため、毛細血管が皮下出血しアザのようになる場合があります。その後、毛細血管は約2週間かけて強くなって再生しますので心配はありません。

 

晴鍼灸院/整体院治療コース」←クリックしてください

鍼灸はりきゅう、マッサージ整体の施術の反応について」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: マッサージ整体の施術①『マイオセラピー』 | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

コメントは受け付けていません。