鍼灸はりきゅう治療の適応症について

img008

<鍼灸はりきゅう治療の適応症>

神経系:神経痛(三叉、肋間、坐骨等)、頭痛、片頭痛、歯痛、ヘルペス、顔面神経麻痺、しびれ

運動器系:五十肩、ムチウチ症、頚肩腕症候群、腰痛症、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、変形性膝関節症、関節炎、リウマチ,肩こり、寝違い、筋肉痛、捻挫、テニス肘、腱鞘炎

消化器系:胃炎、胃下垂症、胃酸過多症、胃痙攣、胃・十二指腸潰瘍、口内炎、慢性肝炎、胆石症、慢性腸炎、便秘、下痢、痔

循環器系:高血圧症、低血圧症、心臓神経症、動機、むくみ、冷え症

内分泌系(代謝異常):甲状腺機能障害、糖尿病、痛風

呼吸器系:風邪、扁桃炎、咽頭炎、気管支炎、喘息、咳、痰

泌尿器系:慢性腎炎、ネフローゼ、膀胱炎、前立腺肥大

感覚器系:眼精疲労、仮性近視、白内障、鼻炎、副鼻腔炎、耳鳴り、メニエール症候群、めまい

婦人科系:生理痛、生理不順、乳腺症、つわり、逆子、更年期障害、冷え・のぼせ

小児科系:小児喘息、アトピー性皮膚炎、夜尿症、夜泣き、かんの虫、消化不良、虚弱体質

その他:自律神経失調症、不眠症、ストレス性疾患、心身症、アレルギー、慢性疲労、成人病の予防等

●その他お困りの症状に関してはお気軽にご相談ください。

 

晴鍼灸院/整体院 「治療コース」←クリックしてください

鍼灸はりきゅう治療の適応症について」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: のどの奥がつまる | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

コメントは受け付けていません。