肩の痛み「肩峰下滑液包炎」

肩関節には、肩関節の保護や、動きを円滑にするための滑液包と呼ばれる袋があります。腱板を保護するために筋腱と骨の間・筋腱どうしの間には、内面を滑膜で被われ、中に滑液を入れた袋状の滑液包があり、筋腱の摩擦を少なくして滑らかに行われるように作用しています。肩周辺には多くの滑液包が存在し、中でも肩峰下滑液包が重要です。

肩峰下滑液包は、肩峰の下にあって腱板全体を包んでクッションの役割をしており、ここの炎症によって滑液が貯留すると、腫脹・熱感を呈してきます。

●肩峰下滑液包炎の原因

・同じ動作による肩関節の摩擦や衝突(インピンジメント)

・スポーツ(野球の投球動作、テニスのサーブ、バレーのアタック、水泳、重量挙げ)

・腱炎から起こることがある

・加齢による腱・靭帯・滑液包・関節包などの組織の変性(血行不良による退行性変化)

・肩関節のインナーマッスル(棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋)の筋力低下

↓↓↓

徐々に痛みが現れるため慢性化しやすく、痛みが強い時期は夜中寝ているときも痛み(夜間時痛)、睡眠の妨げになります。肩峰下滑液包が硬く小さくなり可動域が狭まります。

炎症が長期に渡ると筋肉が萎縮し筋力が低下してしまいます。

●肩峰下滑液包炎の症状

・肩峰下(肩の外側)の腫れ、発赤、熱感・圧痛

・肩関節の可動域の低下(腕が上がらない、髪をとかせない・結わけない、背中に手が回らないなど)

・肩峰下の痛み、安静時痛(じっとしていても痛む)

・肩峰下の運動痛(腕を動かすとき痛む)

・夜間痛(寝ているとき痛みで起きてしまう)

●肩峰下滑液包炎の対処法

・痛みの出る動作を避ける。

・身体の協調性を高めて、全体でバランスをとるような体の使い方に変える(肩関節のみに負荷が集中しないように体幹を使う)。

・痛みの出ない範囲でストレッチをする。

・夜間時痛を軽減するため、肩の下、肘の下、手首の下などにタオルを入れて痛みの出ない寝方にする。

・痛みが軽減してきたら、肩のインナーマッスル(棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋)を鍛える。

・鍼灸、整体

※腕を頭より高く上げる動作を繰り返すと、上腕骨の上端が肩甲骨上部との間で肩腱板の筋肉を挟み、結果として炎症や腫れが起こることがあります。炎症が起きているにもかかわらず動作を続けていると、腱が弱くなり断裂することがあります。

腱板炎はこちら→「肩関節の痛み「腱板損傷・腱板断裂」

石灰沈着性腱板炎はこちら→「カルシウム不足(四十肩・五十肩の石灰化、腎臓の石灰化)

肩関節炎のツボ療法はこちら→「肩関節炎のツボ療法

晴鍼灸院/整体院  03-6450-0345」

ホームページ  https://harushinkyu.com

雨水

《 2月18日 今日は何の日? 》「雨水」

●雨水(うすい)は、二十四節気の第2。降る雪が雨へと変わり、雪解けが始まる頃。これからは、三寒四温を繰り返しながら、徐々に本格的な春に向かいます。

 古くより、雨水の日にはひな人形を出す風習があります。ひな祭りの由来には水が関係しているので、「雨水の日にひな人形を飾り始めると良縁に恵まれる」といわれています。ひな祭りは、もともと中国から伝わってきたものとされています。中国では忌日(いみび)とされていた日に、けがれを祓うために水辺で体を清め、厄払いが行われていたそうです。それが平安時代頃に日本に伝わり、土や紙の人形に、けがれを移して水に流す「流しびな」の行事となりました。やがて、人形は川に流されるものから飾るものに変わっていき、江戸時代に入り女の子のための行事として定着することとなったそうです。

 現代では「桃の節句」ともいわれ、雛あられやちらし寿司、ハマグリの料理などでお祝いします。旬を迎えるおいしい食べ物とともに、節句祭りを楽しみたいですね。

<「書く瞑想」をはじめてみませんか>

 近年、欧米を中心に流行している「マインドフルネス」、日本でも書籍やテレビなどでたびたび取り上げられており、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 マインドフルネスとは、古くからある概念で、仏教、ヒンドゥー教、イスラム教など、さまざまな宗教的伝統や文化の中に認めることのできる思想です。近代になって宗教色が排除され、GoogleやYahooといった世界的な企業が、社員のストレスマネジメントとして取り入れたことで、広く知られるようになりました。

 マインドフルネスとは、今自分が体験していることに気づき、「良い・悪い」などの価値判断をすることなく、「今この瞬間」に注意を向けている心の状態を指します。マインドフルネス状態になることで、心を落ち着けてリラックスすることができます。また、ストレスの軽減や集中力の強化、感情のコントロール力の向上、睡眠の質の向上などの効果が得られるとされ、慢性疼痛の改善、不安障害依存症の症状改善、軽度のうつ病の症状改善の効果も期待されています。

 マインドフルネスになるためによく知られているのが「瞑想」ですが、ただ座って意識を集中することは初心者には難しいかもしれません。

 そこで、初心者でも簡単にできるオススメの方法が、「ジャーナリング」です。ジャーナリングとは、「書くマインドフルネス」と呼ばれ、一定の時間の間、頭に思い浮かんだことを紙に書き出す行為です。今の自分に集中することから、「書く瞑想」ともいわれています。

 ジャーナリングの方法はとても簡単です。まず、紙とペンを用意してテーマを決めて、思い浮かんだことを自由に手書きするだけです。手書きでなくても、パソコンやスマートフォンなどに打ち込んでもかまいません。

 時間は、1日のうちに5分間でも1分間だけでも、仕事や家事の合間などに好きな時間を決めて行います。書く内容は、今悩んでいることやストレスを感じていること、もっと膨らませたいアイデア、今日1日を思い返して感じたこと、など何でも大丈夫です。頭であれこれ考えず誤字脱字も気にせずに、思い浮かんだことを書き続けることに集中します。書いている内容の良し悪しは判断しません。時間いっぱい書き終えたら、書いた内容を振り返ります。

 悩んでいたりストレスを感じていることも、書き出すことで自分の本当の気持ちに気づくことができたり、問題解決の方法がわかることもあります。

 また、頭の中が整理され、気持ちがスッキリとするのを感じられると思います。

 昨年より続いているコロナ禍により、今私たちは多くの不安やストレスにさらされていますが、マインドフルネスはそんな気持ちを落ち着かせるのに役立ちます。紙とペンがあればいつでもどこでもできる「書く瞑想」を、今日からはじめてみませんか。

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり、

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

~日本鍼灸師会より~

晴鍼灸院/整体院  03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

ひざ痛「膝のお皿の上の痛み」

<大腿四頭筋腱付着部炎>

大腿四頭筋腱付着部は、膝のお皿の上部にあります。膝関節の屈伸動作を頻繁に行うことにより大腿四頭筋腱に過度な負荷がかかり(腱繊維の微細損傷の繰り返し)、炎症を起こします。炎症が進むと腱が肥厚し痛みが増大します。

膝蓋腱炎((膝蓋靭帯炎)お皿の下部の痛み)と同様にバレーボールやバスケットボールなどジャンプ動作を繰り返したり、サッカーやスキー、ダッシュ、急激なストップなど膝を酷使するスポーツにより起こるスポーツ障害です。ジャンパー膝と呼ばれています。

大腿四頭筋はこちら→「筋肉⑪下半身の筋肉の衰え方(変形性膝関節症、変形性股関節症)

大腿四頭筋はこちら→「変形性膝関節症(OA)と大腿四頭筋(ももの前の筋肉)

●大腿四頭筋腱付着部炎の症状

・患部(お皿の下部)の圧痛・腫れ

・スクワット運動での痛み

・しゃがんだ時の痛み

・立ち上がる時の痛み

●大腿四頭筋腱付着部炎の対処法

・大腿四頭筋のストレッチ

・ハムストリングス(ももの後ろ側)のストレッチ

・お尻の筋肉を鍛える

・体幹の強化

・鍼灸

・マッサージ

ひざのお皿の下部の痛みはこちら→「膝蓋腱炎(膝蓋靭帯炎)」

晴鍼灸院/整体院  03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

立春

《 2月3日 今日は何の日? 》「立春」

●立春(りっしゅん)は、二十四節気の第1。立春は冬と春が分かれる節目の日である「節分」の翌日で、春の始まりであり、1年の始まりとされる日です。梅の花が咲き始め、徐々に暖かくなり、春の兆しがみられるようになります。

 立春は、1985年(昭和60年)からこの36年間ずっと2月4日でしたが、2021年は、2月3日となりました。また、1897(明治30)年より立春は4日もしくは5日となっていたため、3日になるのは124年ぶりです。二十四節気は太陽の位置によって決まるため、毎年同じ日ではなく年によって日付が移動します。現代の日本では、国立天文台の観測によって「太陽黄経が315度になった瞬間が属する日」を立春としています。2021年の立春の瞬間は、2月3日23時59分でした。次に2月3日になるのは2025年。今後しばらくは、3日か4日のいずれかになるそうです。

<春の不調におすすめの薬膳>

 昨年より続いているコロナ禍で、例年以上にストレスや心身の不調を感じている方も多いと思います。特に春は、気温の寒暖差や気圧変動も大きいため、自律神経のバランスが崩れやすくさまざまな不調を感じやすい時期です。春の不調を整えるために食卓に取り入れたい薬膳食材をご紹介します。

 薬膳は、東洋医学の考え方に基づく食養生です。食物を性質や味などで分類し、体質や季節に合わせて体調を整えるために食べるものを選びます。

 春の不調におすすめの味は、「辛味」、「酸味」、「苦味」です。

春は、外気、体内ともに「陽気」が盛んになります。陽気は温かく活動的で積極的な気なので、植物が芽吹き、虫や動物も活発に動き出し、やる気や元気も湧き上がってきます。

 陽気は外に向かって出ていこうとしますが、その発散がうまくいかないと、余分な陽気が体のあちこちに滞り不調を引き起こします。

「辛味」の食べ物は陽気の発散を助けます。生姜、ニンニク、唐辛子、ニラなど、辛味のものを食卓に取り入れましょう。

 そして、この陽気は体の上部にのぼって心臓や頭に留まることも多いので、興奮状態が強くなり、不眠、情緒不安定、イライラ、ドキドキ、発汗、呼吸困難、のぼせ、などの症状がでることも。そのようなときは、「酸味」のものをとると体が引き締まり、上部にのぼった陽気を下げてくれます。レモン、酢、ざくろ、梅など、酸味の食べ物を取り入れましょう。ただし、胃腸が弱い方はとりすぎないように注意が必要です。

 また、東洋医学では、春の3か月を「発陳(はっちん)」と言います。 天地が生き返り万物が発生する時期、と考えられています。「発陳」の「陳」は「古いもの」という意味で、「発陳」とは冬の間に溜まっていたものを身体の外に出していくという意味です。冬に溜まった余分なものを外に出すのを助けてくれるのが、「苦味」です。苦瓜、よもぎ、タケノコなどを取り入れましょう。

 苦味のあるものには便通をよくする作用もあります。春に旬を迎える山菜は、苦味があり食物繊維が豊富で、腸もきれいにしてくれるのでおすすめです。お天気が良く暖かい日は、山菜採りに出かけてみるのも良いですね。

食養生を日常に取り入れ、心も体も健やかに春の訪れを楽しみましょう。

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり、

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

~日本鍼灸師会より~

東洋医学「春・肝」はこちら→「東洋医学「春」と「肝」

季節の変わり目の不調はこちら→「季節の変わり目の体調不良

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

慢性腰痛の精神的要因

      <慢性腰痛 精神的要因のチェック>

慢性腰痛は、腰の痛みを和らげる仕組みと関係があります。

腰が痛い→痛みの信号が脳に伝わる→ドパミンを放出→μオピオイドを多量に放出→セロトニンノルアドレナリンを放出⇒痛みの信号を脳に伝える経路が遮断され腰痛が緩和されます。

しかし、ストレスうつ不安などを長期間感じていると、脳でドパミンが放出されにくくなり腰痛が長引いたり、僅かな痛みでも強く感じたりするようになり悪循環になってしまいます。

 ①~⑥は、「いいえ=1点」「時々=2点」「いつも、ほとんど=3点」です。
 ①泣きたくなったり泣いたりすることがある
 ②いつもみじめで気持ちが浮かない
 ③いつも緊張してイライラしている
 ④ちょっとしたことがしゃくにさわって腹が立つ
 ⑤なんとなく疲れる
 ⑥痛み以外の理由で寝つきが悪い

 ⑦~⑩は、「いいえ=3点」「時々=2点」「いつも、ほとんど=1点」です。
 ⑦食欲はふつう
 ⑧1日の中では朝方が一番気分がよい
 ⑨いつもとかわりなく仕事がやれる
 ⑩睡眠に満足できる

当てはまる項目の合計が点が15点以上で、かつ腰痛がある場合は、精神的要因の腰痛の可能性があります。腰痛がない人は、15点以上でも気にする必要はありません。

精神的要因の腰痛の対処法として、悪循環の原因となる考え方の見直しをすることが重要です。

・「0か100か」ではなく、「ほどほどでOK」と考えること、二極化思考の癖から抜け出してみましょう。

・痛みのことばかり考えないこと、原因の追及よりもまず今の症状に対処する、痛みのことばかり考えているとそれもストレスになります。多少の痛みがあっても、日々の生活や活動を続ける・広げることを目標にして、痛みがあってもなんとかなったという自信がストレスや不安を小さくします。

体を動かすこと、楽しいこと、好きなことなどは、ドパミンが放出されます。別のことに集中するように意識しましょう。

このように考え方を変えてみることで、ストレスなどの悪循環を断ち切りやすくなります。

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

大寒

《 1月20日 今日は何の日? 》「大寒」

●大寒(だいかん)は、二十四節気の第23。暦の上で寒さが最も厳しくなる時期の前半。『暦便覧』では「冬至より一陽起こる故に陰気に逆らふ故、益々冷える也」と説明している。

この日から節分(立春の前日)までを「寒(かん。寒中・寒の内とも)」と言い、この日を「寒の入り」とも言う。暦の上では冬の寒さが一番厳しい時期となる。この日から寒中見舞いを出し始める。(Wikipediaより)

<進行しつつあるパラダイムシフトに関して>

 2020年はコロナに始まり,コロナで終わったような年でした。カオスの中で目に見えない恐怖に脅え,情報に一喜一憂の日々を過ごす日が続きました。2021年はどんな年になるのでしょうか。ぜひ、良い年になってほしいと思います。

 コロナ禍の様子は国によって事情が大きく異なり,ほとんど封じ込めに成功した国や蔓延してしまった国などさまざまです。日本の場合、他国と大きく事情が異なるのはオリンピック・パラリンピックの開催予定がある点です。このため、これからも議論がされることになるでしょう。

 このコロナ禍で私が思い出すのは、ウルグアイのホセ・ムヒカ元大統領です。彼は2012年、国連の持続可能な開発会議でのスピーチで世界の注目を浴びました。映画『ムヒカ世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』をご覧になった方も多いのではないでしょうか。また2016年に訪日され、東京外国語大学で講演をされました。その様子を見られていない方は、ぜひ、YouTube等でご覧ください。私が心に残ったのは「経済の拡大を目指すことを一番の目標にした政策」に警鐘を鳴らし,国の仕組みを超えた助け合いの実現を夢見させてくれる演説内容でした。当時の私は、何があっても世の中は変わらないと思っていましたが、今、世の中の動きが止まってしまったことで、変わる可能性があるかもしれません。今まで正しいと思っていたグローバル化も止まってしまいました。

 ムヒカ氏元大統領の有名な言葉があります。「貧しい人とは少ししかものを持っていない人ではなく,いくらあっても満足しない人のことだ」と。責任のある我々大人がよく考えなければならないことと思います。子や孫の世代に受け継ぐことのできる仕組みの構築が望まれます。評価は後の時代の人々がしてくれるのではないでしょうか。

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり、

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

花粉症と免疫力

寒い冬:自律神経の交感神経優位(緊張)→リンパ球(白血球)減少、ウイルス感染を起こしやすくなります。

気温が上昇する春先:自律神経の副交感神経優位(リラックス)→リンパ球過剰、花粉症を発症しやすくなります。

リンパ球が45%以上(正常値は約30%)になると花粉症を発症します。

リンパ球はこちら→「自己免疫力⑩「白血球(顆粒球・リンパ球)」

リンパ球:季節、気圧による変動、日内変動があり、低気圧の時はリンパ球が増加するため、花粉が飛んでいない雨の日でも花粉症症状が悪化します。

※扁桃腺や虫垂(盲腸)を切除した方はリンパ球が少ないので花粉症にはなりにくいです。

自律神経の働きは低体温では活性化できません。暴飲暴食・甘いもの・冷たいものの食べ過ぎ、薬の使い過ぎが体を冷やします。また加齢とともにリンパ球は減少します。

<花粉症の対処法>

◎自律神経の働きを整える

質の良い睡眠

・バランスの良い食事

・適度な運動

・身体を冷やさない(頭寒足熱)、入浴、お灸をする

・腸を整える

花粉症のツボはこちら→「花粉症のツボ療法

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

小寒

《 1月5日 今日は何の日? 》「小寒」

●小寒(しょうかん)は、二十四節気の第23。暦の上で寒さが最も厳しくなる時期の前半。『暦便覧』では「冬至より一陽起こる故に陰気に逆らふ故、益々冷える也」と説明している。

この日から節分(立春の前日)までを「寒(かん。寒中・寒の内とも)」と言い、この日を「寒の入り」とも言う。暦の上では冬の寒さが一番厳しい時期となる。この日から寒中見舞いを出し始める。(Wikipediaより)

~日本鍼灸師会より~

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

冬至

《 12月21日 今日は何の日? 》「冬至」

●冬至(とうじ、英: winter solstice)は、二十四節気の第22。北半球ではこの日が一年のうちで最も昼(日の出から日没まで)の時間が短い。期間としての意味もあり、この日から、次の節気の小寒前日までである。西洋占星術では、冬至を磨羯宮(やぎ座)の始まりとする。(Wikipediaより)

<新型コロナウイルスにも発酵食品が良いかも?>

 筆者が在住する京都には、一年を通してさまざまな歴史的伝統行事が営まれていますが、今年は新型コロナウイルスの影響で3月以来それらがことごとく中止に追いやられてしまいました。しかし、政府の方針で秋口から感染予防策と経済支援策の両輪が回り始めたことで、第3波が生じながらもいろいろな行事が再開されつつあります。

 そのようななかで冬至の12月21日に開かれるのが、京都のランドマークの一つである日本一高い木造の五重塔のある東寺の境内での「弘法市」と呼ばれる露天市です。その出店数は1200店以上で国内最大級の規模を誇っています。

 京都人から「弘法さん」と呼ばれ親しまれる「弘法市」は毎月21日に開かれるのですが、中でも12月21日の市は「終い弘法(しまいこうぼう)」と言われ、迎春準備の品を買い求める人々が年間で最も多く訪れ、たいへんな賑わいをみせます。

 数多くの店が出る市ですが、そのなかでも特に、長い行列ができるのが漬物店。そこに並ぶ人々のお目当ては「すぐき」という漬け物で、京都の上賀茂周辺の農家が栽培した「すぐき蕪」という京野菜を塩水による下漬け(1晩)、塩をまぶした本漬け(約7日間)を経て、室の中で約8日間発酵をさせる、現代の日本では数の少ない本格的な「乳酸発酵漬物」です。

 独特の酸味と発酵臭がする漬け物で、筆者の知人が東京の友人に贈答品として送ったところ「腐ってる!」と電話してきたという話しもあるほど、通常の漬け物とは風味が違うのが特徴の逸品です。

 TV番組「秘密のケンミンSHOW」では全国各地のさまざまなご当地グルメが紹介されますが、そこでもよく各地独特の発酵食品が紹介され驚かされます。これもこの国の気温と湿度の関係が、微生物の繁殖に適しているからでしょう。

 発酵食品が人の免疫力向上につながることは種々の研究で裏付けられており、M社のR−1というヨーグルトはインフルエンザウイルスへの免疫力を高めることが科学的に証明された製品として、毎年冬の大学入試の時期が近づくとスーパーの棚から数が減っていくのは現代の風物詩ともいえます。

 さあ、新型コロナウイルスへの免疫効果が直接得られる発酵食品が見つかる日が一日も早く来る日を楽しみに、とりあえずさまざまな発酵食品をしっかり食べて、あとはマスク+手洗い+三密回避、そして、もちろんお灸をすえて、この難局を乗り越えましょう!

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり、

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

大雪

《 12月7日 今日は何の日? 》「大雪」

●大雪(たいせつ)は、二十四節気の第21番目。12月7日ごろ。期間としての意味もあり、この日から、次の節気の冬至前日までである。

雪が激しく降り始めるころ。『暦便覧』では「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」と説明している。鰤などの冬の魚の漁が盛んになり、熊が冬眠に入り、南天の実が赤く色付くころでもある。(Wikipediaより抜粋)

<お灸で新型コロナウイルスに打ち勝ちましょう!>

 我が国においても新型コロナウイルス感染症の第3波が今まで以上の大きさで来てしまいました。しかし、ヨーロッパやアメリカなどに比べればその程度は低く、京都大学の本庶佑先生や山中伸弥先生が「何らかのファクターXが日本にはある」とのコメントを出されています。

 そのファクターXの一つに挙げられているのがBCGワクチンの接種です。去る9月3日、京都大学は「130か国以上を比較した結果、BCGワクチンの接種が、新型コロナウイルス感染症の拡大を防いでいる可能性がある」という研究結果を発表しました。

 BCGといえば肺結核の予防接種。1950年以前の日本において結核は死因のトップで、当時の患者数は年間60万人以上、死亡者数も年間10万人超、国民の二人に一人は潜在的に結核に感染しているという、まさに「国民病」「亡国病」ともいわれた脅威でしたがそれがBCGのおかげで激減しました。

 しかし、BCG接種や医療衛生環境の行き届かないアフリカ諸国では今でも多くの人が結核で亡くなっています。そんな中二人のイギリス人鍼灸師が2008年チャリティ団体としてmoxafricaを発足。「結核治療におけるお灸の有効性」の追求、そして世界から結核患者をなくすことを使命として活動し始めました。そして 2016年には長年のRCT/臨床研究の結果、結核とHIV患者のお灸の効能として免疫力(CD4)の向上を証明することに成功しました。

 足三里というツボヘの小さなお灸の効果はエイズや結核に対する免疫力だけではありません。人の体はその免疫力をもって、今まで歴史上のさまざまな大きな疫病と闘い打ち勝ってきました。

今般の新型コロナウイルスに対しても、必ずその自己免疫力が最大の武器になります。

今こそ古来からのお灸療法で新型コロナウイルスに打ち勝ちましょう!

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり、

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

~日本鍼灸師会より~

足三里はこちら→「慢性疾患のツボ「足三里」

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com